がん保険の需要が増えている訳

人間の体を作る細胞が突然変化して増えた細胞をがん細胞と言います。正常な組織を取り込み、破壊しながら血管やリンパを通って体のいたるところに転移し、そこで増殖する病気をがんと呼びます。

日本人の死亡原因は生活習慣病が上位を占めていますが、中でもがんでの死亡は1位となっています。この病気は手術、入院、通院と長い期間の治療が必要な場合もあり、治療費も高額なのが現実です。

一般的な医療保険は病気やケガに対しての保障で入院、通院、手術などが一般的です。
入院給付金は1回の入院日数に上限があり、その日数を超えた日数は給付金が支払われません。医療保障重視のため死亡保険金が少額の場合や付いてない場合もあります。

がん保険の場合、告知された時点で給付金を受け取る事が出来ることが出来ますし、がんの入院や手術、死亡した場合は給付金や保険金が受け取れます。
がん保険は1回の入院日数の上限を設定していませんし、繰り返し入院が必要な場合や、再発の可能性も考慮して繰り返し給付金を受け取る事が出来る手厚い保障の保険です。

がん保険単独で加入するタイプや、医療保険にプラスしてがん保険加入できるタイプや、その逆もあります。
どのタイプのがん保険も加入して何カ月かは待機期間といってこの期間にがんと診断されても補償はされませんし、加入した保険も無効とされます。
がんになってからの加入も出来ませんので、健康な時に準備しておきたい保険です。